​頭皮ケア

​頭皮ケアの基本

頭皮ケアの基本は頭皮マッサージです。どんなに良いシャンプー、育毛剤を使用していてもマッサージをしないとなかなか効果はでないものです。

​頭皮マッサージの基本テクニック
​圧迫

手のひらに力を込めて圧力をかける。手のひらの厚みがある部分を使って、ゆっくりと押し込むように行う。

​軽擦

指を頭皮に滑らすようにさする。力を入れずに皮膚の表面を摩擦するようなイメージ。

​揉 捻

指に力を加えながら揉みほぐす。肌に指を密着させたまま回したり、揺らしたりと手を動かす。

​指圧

指の腹でツボを押す。痛みを感じる手前くらいの強さでツボをじっくり押し込む。

頭皮マッサージを続けることでお顔のリフトアップにもつながります。美容ローラーに頼ってしまうと止めた時、一気にたるんでしまいますのでなるべく道具に頼らず自分の手でおこなってください。

​■ワンポイントアドバイス■
​化学療法開始からの自毛の回復
​抗がん剤開始

ミディアム、ロングスタイルの方は脱毛がはじまると絡まりやすくなったり、抜けた時のショックも大きいので、なるべくこの時期にお手入れしやすい長さ(5~10㎝)に整えておきましょう。極端に短くしてしまいますと、抜けた毛が目や耳の中に入ってしまい炎症を起こす恐れがあるのでお気をつけ下さい。

​■ワンポイントアドバイス■

抗がん剤開始から脱毛が始まるまで2~3週間ありますので、この時期にウィッグのご検討されるといいでしょう!体調が良い時に準備しておくことをお勧めいたします。

​脱毛期間

脱毛中でも頭皮を清潔にしておくことが大切です!毛髪がなくても頭皮から脂は出ます。そのままにしておくと頭皮トラブルの原因にもなりますので、毎日シャンプーすることが大事です。

​■ワンポイントアドバイス■

頭皮の汚れはお湯ですすぐだけでも70%くらいは取り除けます。体調の優れない時などは2~3分くらいお湯ですすぐことをしましょう。

​抗がん剤終了後

抗がん剤投与終了後、個人差はありますが約1~2ヶ月後から頭皮マッサージを行って下さい。頭皮を触って痛みがあるようでしたらもう少し時間を置いてください。頭皮マッサージの際には育毛剤の使用で効果アップ。

​■ワンポイントアドバイス■

頭皮マッサージ→脱毛によって硬くなった頭皮を優しく揉みほぐすことで血行が良くなり、毛髪にも栄養が行き届きます。

​マッサージ1

耳の周りに両手を置き、頭皮を回しながら上に向かって引き上げる。ポイントは指先に力を入れて指の腹を頭皮から離さないようにするのがコツです。

​マッサージ2

両手の指を頭頂部に置いて、頭皮を前後左右に動かす。

​発毛

発毛し始めると、くせ毛や白髪で生えてくる方もいらっしゃいますが、このときに焦ってストレートパーマやカラーリングは控えて下さい。投与終了後1年くらいはお薬の影響が残っている可能性があります。どうしても気になる方は1年後に施術することがお勧めいたします。

​■ワンポイントアドバイス■

カラーリングの際には投与前に使っていたカラー剤でも必ずパッチテストを行って下さい。

​抗がん剤投与中のシャンプー方法
​ステップ1

シャワーで髪の毛と頭皮の汚れを落とす。お湯だけでもほとんどの汚れは落ちますので、まずはしっかりと洗い流すことが大切です。

​ステップ2

シャンプー剤を十分に泡立てる。髪の毛がなくなると頭の上では泡立ちませんので、良く泡立ててその泡で優しく洗いましょう。

​■ワンポイントアドバイス■

泡立てが面倒な方は「プレオスカルプシャンプー」がお勧めです。ポンプフォーマーからきめ細かな泡が出てきますので、そのままに頭皮に付けて洗えます。

​ステップ3

脱毛中の頭皮は敏感です、きめ細かな泡を頭皮に付けて、こすらず優しく洗顔するように優しくなでるように洗うのがお勧めです。

​ステップ4

シャンプーが終わりましたら十分にすすいで下さい。すすぎ残しは頭皮を傷める原因になります。

​■ワンポイントアドバイス■

どんな良いシャンプー剤を使ってもすすぎ残しは良くありません。シャンプー時間より長く時間をかけてすすいで下さい。

​ステップ5

リンス剤は毛髪に必要なものですので、頭皮には必要ありません。

背景透明web用ロゴ.png
sepiage_banner-e1471583607617.png

Copyright © 2021 リングスジャパン株式会社 All rights Reserved.